10月~12月の薄暮期 交通事故が多くなってきています - むちうち・交通事故治療なら福岡市六本松の整骨院

うぃんぐ整骨院

お知らせ

10月~12月の薄暮期 交通事故が多くなってきています

10月~12月の薄暮期は交通事故に注意!!!

Photo_5

Photo_6

薄暮の交通事故死10~12月は2.6倍

警察庁の発表によると

薄暮の交通事故死10~12月は2.6倍

警察庁によると、過去5年間の日没前後1時間の「薄暮」の時間帯に起きた事故を分析したところ、10月~12月の3か月平均が5~7月の約2.6倍に上がったことが14日に分かった

10~12月は2.6倍=薄暮の交通事故死-警察庁

何故10月~12月の薄暮期に交通事故が多いのか?

Photo

秋に事故が増える理由は

①その時間帯は仕事や買い物を終えたドライバーの帰宅時間であり、また、子どもたちにとっては下校時間でもあるため、人も車も交通量が多くなる

②明るい時間から暗い時間への変わり目にあたる薄暗い夕暮れ時、特に16時~18時の時間帯は、辺りが急激に暗くなるため、ドライバー・歩行者ともに視認性(※)が下がってしまい、お互いの接近に気づきにくいと言われています

③1日の疲れが出て注意力が低下しやすい時間帯であること

クルマの運転中に急に薄暗くなると、運転者は無意識にスピードを出しすぎてしまったり、視界が悪くなって危険の察知が遅れたりする傾向があります。

※視認性(しにんせい)とは・・・眼で見たときの確認のし易さのこと

12月にかけて、交通事故が最も発生しやすい時期

そして、これから12月にかけて、交通事故が最も発生しやすい時期に入っていきます

交通事故が発生しやすい月は、警察庁の統計によれば12月です。

同月に交通事故件数が最大になる理由にはいくつかありますが、日が短くなって暗くなるのが早いこと、年末にかけて交通量が増える、慣れない道を走る運転手が増える、ことなどが理由と見られます。

ご存知ですか??

グレア現象!!!

Photo_2

ライトの前の人が見えますか?

このような状況をグレア現象と呼ぶようです

薄暮期の事故防止のポイント

ドライバーの注意点
  • 車は早めにヘッドライトを点灯する

   薄暗い夕暮れ時は、歩行者・自転車・他の車に自車の存在を知らせることが効果的

   ヘッドライトは暗くなる前から点灯しましょう!!

  • 意識的にスピードを抑える

   視界が悪い時間帯は実際に出ているスピードよりも遅く感じやすいため日中よりもスピードが出てしまいがち

   時々スピードメーターを確認して、適正速度を維持してください

   特に視界が悪くなる薄暮の時間帯はスピードを落として慎重な運転を!

歩行者・自転車の注意点
  • 反射材等を使って自分の存在を知らる

  夕暮れ時から夜間は目だちにくい色の服装は避ける

  反射材を着用している歩行者は着用していない歩行者より2倍以上手前で認識してもらえます

  警察庁 光が命を守る~暗くなったら必ず付けよう反射材~ 

 

周囲が薄暗くなり始める中で、交通事故を起こさないためにドライバー、歩行者、自転車利用者に共通して重要なこと

自身の存在を周囲に知らせること!!!

この記事を共有する

事故後のむちうちを解消したい方へ

福岡市,六本松駅の整骨院

土曜も20時半まで受付 被害者費用負担0円 六本松駅より徒歩2分 駐車場あり 国家資格保有者が施術

交通事故のケガ・むちうちを根本解消したい方へ

交通事故治療 被害者の方は0円

※事故過失割合により負担金が発生する場合があります